食いしん坊マイの日記

アナログ人間食いしん坊マイの新たな挑戦。ブログ。ほぼ食べ物のことだったり、たまに違ったり真面目なこと書いてみたり・・・

先月末からゴールデンウィーク

まさに忙殺。

今も忙しいは忙しい。やらなきゃないこと山積み。

ゴールデンウイークを過ぎてみての反省点やそれを踏まえての対策も練らないとね。

 

 なんて思っていた矢先・・・

声がどこかに旅に出てしまった。

早番で早朝に出勤する旦那さんと会話をした。のは記憶にあるし、

旦那さんの証言も得ているので間違いないようで。

そのあと。しっかりと目覚めて出勤の準備をしていたら、なんか違和感。

なんでその時気づいたのか、鼻歌でも歌おうとしたのか独り言でも言おうとしたのか。

それはわからないけれど、

声が出ない。というか、出そうとしても喉に力が入らないっていうか、

どうやって声って出してるの???的な感じ。

痛いとかじゃない。出ない。かさかさと出るのではなく、一切でない。

その日はそのままお仕事に行き、何日か後に病院に行きましたが・・・

休まないと治療はできません。っつうことで。

まぁ、こっちも、休めない何日かすりゃあ出るだろ。くらいに思ってたんだけど・・・

出ないわね。

出ない。

2週間くらいたちました。

ごくまれに、

それはまるでどこかにふら~っと誰にも何も告げずに旅に出た人が、ごくまれに生きている証のようにはがきを送ってくるかのように、何日かに1回、それも一瞬だけ帰ってくることがある。

寝ぼけているときというか、半分寝ているとき。自分でも、あ!出た!と思うのに、それが自覚できて頭がはっきりと起きるとまたいなくなってしまう。

 

そんな訳で、コミュニケーションは筆談でしているのですが、

難しいね。

自分も手を止めていないといけないし

相手にも手を止めさせないといけない。

何かをしながら。ができない。

家ではたくさんたくさん書いて、旦那さんの手をガシガシ止めて読ませていますが、

仕事では必要最低限で伝えないといけない。

接客もできない。

 

何よりも、ありがとうや、おはようや、いただきますや、楽しいねや、美味しいねが言葉にできないのが悲しい。

 

いつになったら帰ってくるやら。

 

・・・さぁて。今日はお休み。

何か作るかな。

 

美味しいもの。

 

台所

 

料理を作るようになってからは・・・何年?わかんない。

先日書いた通り、祖母が寝たきりで母が介護してて、

同じおうちに住んでいても、母が専業主婦的におうちにいても、一緒にくっついていられる時間は少なかったような・・・そんな中で一緒にいられる場所は台所だったと思う。そこにはいつも温かい音やにおいがあって(じいちゃんが飲んでた野菜ジュースや作ってたらっきょう漬けのにおいが強くって野菜ジュースやらっきょうの甘酢漬けが苦手になったのも台所だけどね)、大好きな場所だったし、そこからいろんなことがスタートしてるんだろうな。音やにおいだけじゃなく、母がそばにいて、さらには美味しいものが生まれるところ。お菓子も、ご飯も。

母がフライの衣をつけた残りの卵と小麦粉とパン粉をぐちゃぐちゃにまぜまぜして、お砂糖入れて揚げたりして遊んだのは果たして最初の料理なのか?

お手伝いしたり。

それから、お菓子を作るようになったりした。

料理をし始めたのはもっともっと後。

高校生をやめたあたりかも。まさかその頃料理のお仕事をするなんて思ってなかったけど。

今でもキッチンや厨房と呼ばれるところや台所が大好き。

幸せが生まれる場所だから。

出来る事なら死ぬときは、大好きな人と晩御飯を食べて、

お酒飲んで、

ちょっと余韻に浸りつつちょっとけだるさを感じつつ、

明日の朝ご飯の準備をして、

台所で死にたい。

なんて話してたら、友達に、

「自宅で死んだらあとに残された人が大変だからやめときなさい!」

って言われちゃったけど。

(確かに、自宅で死ぬと警察に来てもらわなきゃいけなかったり大変らしいけど)

 

悲しいことがあった時には煮込み料理。

お野菜いれてじっくり炒めて、

お水を入れて煮込み始めたら、

ぐつぐつコトコトお鍋がお話して、良い香りが漂い始めたら、

ほら、少し元気が出るから。

 

f:id:golosa:20180403181017j:plain

 台所って

幸せ。

母に感謝。

気づけば2か月くらい放置したのね。もっとか。

新しい仕事に変わり、

さらには料理をお任せいただくようになり2か月半くらい。

嵐のように過ごしています。

日々、旦那さんにアレコレやってもらい、帰ってきてご飯食べて酒飲んで寝る!

なんて贅沢な暮らしっぷりでしょう。高給取りでもないくせに。(笑)

その証拠に(?)、つい先日まで私、ゴミ置き場の場所を知りませんでした・・・

引っ越してきてなんと4ヶ月もたちますが、ゴミ置き場の場所を先月あたりに知り、ごみを一人で出したのは1回か2回。なんてひどい・・・

 

さてさて、そんな贅沢ライフを送っているマイですが、

最近になって新商品として店頭に並べたお惣菜の中に、母が子供のころに作ってくれていたお料理を2品ほど並べました。

1つはクリームコロッケ。

もう一つはたまごコロッケ。

どちらも大好物。

作ってみて思うのは、手間がかかっているなぁ。愛だよなぁ。ってこと。

 

子供のころ、祖父・祖母・父・母・姉・私の6人家族で、祖母は寝たきり。母が介護をして、祖父と父はお仕事をしていたんだけど、祖父と祖母が食べるものと、私たちが食べるものは別(特に夜は)。つまり母は1日に4~6種類のご飯を用意していたことになる。1年365日。何年も何年も。寝たきりの祖母の介護。毎日のご飯。その他にもお菓子も作ってくれてた。そんな母の料理はとても美味しかったけれど、当時の私は、周りのお友達が時々話す外食や、マルシンハンバーグや、そんなものに憧れていた。

祖母がいたからなのか、当然我が家は外食なんてほとんどしたことがなかったからね。

綺麗にお化粧してきちっとした格好でお仕事に行くほかの子のお母さんがうらやましかったりもした。鍵っ子も大人みたいでうらやましかった。無いものねだりだよね。

おうちの中に一緒にいても、どうしても祖母の介護があるから、母が遠くにいる気がしていた。

けどね、自分がお料理をする仕事についたりして、改めて、母がいかに自分たちのことを想っていてくれていたのかってわかる。

お菓子を作ってくれていたのだって、介護をしつつ、日々の家のこともして、ご飯も作って。そんな中でいくら好きでもそう簡単にできることじゃない。

介護の大変さは日々見ていたから肌で感じていたし(特に家の祖母はとっても気の強い人だったしね)。

 

先日改めて、クリームコロッケとたまごコロッケを作ってみて、愛だなぁって思った。

f:id:golosa:20180309161230j:plain

固ゆで卵を作って、黄身を外し・・・

黄身に炒め玉ねぎやハム、わたしは母のと少し変えてピクルスも入れて塩コショウで調味して(母のは確か玉ねぎ、ハム、マヨネーズ?、塩コショウかな。)、それを白身の、黄身を外したところにこんもり戻し、衣をつけてあげる。

書くとさらっとシンプル。でもやってみると結構手間がかかる。

でも美味しい。とっても美味しい。

そこに何があるのか。

愛だと思う。

美味しいものを食べさせたい。

そんな気持ちだよね。

 

そう感じて思わず母に感謝のメールを送った。

 

そして後から話をした。

「あまりあんたたちに構えなかったけど、せめて美味しい物を食べさせたくて」

って。

 

そうだよね。あの頃憧れたたくさんのものや、寂しかった気持ち。

それを母は埋めようってがんばってくれてたんだよね。

 

大人になってわかることってたくさんあるんだな。

 

改めて、母に感謝!!!

 

 

ハッピーニューイヤー!2018!!!

年末年始・・・でしたね。

先月25日からほぼほぼ、いや、まるっとお休みし、退職。

28日に職場ですごく心温まる卒業式をしてもらいました。

なんやかんやでバタつくかと思いきや、

腐りそうなほどにまったりしてしまい・・・気づけば年末の準備してない!!!

慌てふためく29日。

なのになぜでしょう。焦れば焦るほどに、なぜか他のことをしてしまうというへんてこりんなパニック状態に陥ったマイ。

f:id:golosa:20180103173927j:plain

・・・ボルシチ作ってみたり、

f:id:golosa:20180103174654j:plain

ボロネーゼを作ってみたり・・・

 

違う!完璧に間違ってる!!!

焦る私に届いた母からのメール。

「〇〇で売っていた、お肉が結構ついた赤鶏のガラの出汁がいい感じに取れています。比内地鶏のガラも売ってました。」

!!!!!そう!鶏がらも買ってなぁあい!!!!

大変。大変です。大事件です。

結婚して初めての年越し。

いつもアレコレやってもらってばかりではいかん!

旦那さんは30日夜勤なのだから、私がアレコレ準備しなければ!!!

と、思っていたのに。思っているのに。

と、思ったの29日。

遅いよ・・・

とはいえそうか。母からの情報をもとに〇〇に行けば良い鶏がらが買えるのだな。ふむふむ。落ち着け。まだ間に合うではないか。

そんな訳で30日、出勤前の旦那さんと母情報にあったところへ!

が・・・無い!無い!!赤鶏比内地鶏も無い!!!

もしかして店頭から無くなったらだけで補填されてないだけで、ストックとかあったりしないかなと、お店のお姉さんに聞いてみるも、あっけなく撃沈・・・

そうか。ならば仕方がない。混んでいるだろうから近づきたくなかったけど、あそこなら確実に比内地鶏のガラが買えるであろう場所。年末大賑わいの土日ジャンボ。

意を決して行くしかない!!!

たどり着いた土日ジャンボはやはり大盛況。

まぁ、入口近くのお店ですしね。これで比内地鶏ガラ買えるならなんてことないさ。

なんて軽い気持ちで、むしろ、これで鶏がらが買えるって安心感と嬉しさで鼻歌でも歌っちゃいそうな気分でそのお店についてみるも、

あれ?なんか変。

いつもならお肉料理が出でいるか、「比内地鶏鶏がらあります」の張り紙があるはずなのにそれがない。まぁ、大丈夫でしょ。

マイ:「比内地鶏のガラ、あります?(あるよね?まさかの売り切れ??)」

お店のおじちゃん:「ごめんや~。保健所の関係で置けなくなったのさ。」

・・・!!!置けなくなったのさ???

そかそか、じゃぁ仕方ないか。

仕方ないけど!!!!おじちゃんは全く悪くないわけだし、当然怒るとかそんなことじゃないけど。

マイ鶏ガラ難民。

さてどうする?

 

とりあえず旦那さんが夜勤に出勤するため一度帰宅。

からの、出勤後にいそいそと準備をして、

いざ鶏ガラを買う旅へ。

混んでいるところには近づきたくないけど仕方がない!背に腹はかえられない。

鶏ガラだしナシの年越しはできぬ!!!というわけで駅ビルに行ってみることに。

県産のお肉屋さんが入ってるから、比内地鶏のガラが無理でもせめて県産の鶏ガラが買えるのでは?との思いで思い切ったのに・・・

あっけなく撃沈。

思い当たる場所は自宅からは1時間くらいかかるスーパー。

でも駅まで来てるからな。ここからなら20分くらいかな。

てなわけで、自宅への帰還時間は多少気になったものの、鶏がらのためにそのスーパーへ。

これでなかったらブロイラーでもあきらめよう。

そう決心して向かった鶏ガラ売り場に・・・あった!!!ありました!!!

やりました隊長!!!マイ、比内地鶏のガラゲットしました!!!

心の中涙を流し、固く凍った比内地鶏のガラをきつく抱きしめ、レジでのお会計を済ませて、スキップしたい気分をグッとこらえて帰宅。

はふ~ん。もうこれで大丈夫。

f:id:golosa:20180106120058j:plain

下処理をして、ほら、こんなに綺麗なおだし。

これで年が越せ・・・ん???

何か肝心なものを・・・

肝心なもの・・・はっ!!!!

凍み豆腐!!!

・・・明日だな。

 

そしてまた31日に凍み豆腐難民になりかけたマイ。

今年の年末は早めに準備しないと。

そんな風に固く心に誓いをたてました。

 

そんなドタバタの我が家は、おせちらしいおせちも作らず・・・

黒豆煮て、

昆布巻き作って(ニシン入り)、

その程度しかしないまま(あ。ハラコは先に作っておいたよ!)、

それでも無事年越しそばを食べ、

お雑煮を2日間食べ(1日は通常バージョン。2日目は白みそ仕立て)、

f:id:golosa:20180106121012j:plain

なんとなくそれっぽい盛り付けを施した1日。

f:id:golosa:20180106121120j:plain

豆乳がちょっと寄っちゃった2日。

 

無事に新年を迎えましたとさ。

どんとはれ。

 

 

お一人様と一人飯

さてさて。

今日は呑んじゃってます。

いや、まぁほぼ毎日呑んでますが。

今日のマイのご飯風景・・・

f:id:golosa:20171230223550j:plain

ビールと、昨日準備したレモンサワー用宝焼酎。そして、それを飲みたいがばっかりに用意した即席塩レモン。

そして、写真に写っていないけどミックスナッツ。

おやおや。

おやおや????

 

どうよこれ。どうなの?これ。

 

実はねぇ、一人でご飯食べれないんだな。

これ、自分でも駄目だなって思う。思ってる。

一人でご飯食べるにしても、お一人様は全然平気。

吉牛とかすき家とか、ラーメンとか一人でイケル口。

なのに。なのにねぇ・・・おうち帰って一人でご飯できない。

 

作るのは大好き(現に今、ボルシチとボロネーゼを仕込みつつ、鶏がらだしをとりーの、ベジ出汁とりーの。などしてはいる。)なんだけどねぇ。

食べる。となると・・・.

結婚したからとかじゃなく、元々苦手。

一人でいると何なら食べなくていい位の感じ。

作らないで買ってくれば、とも思うけど、これがまた私はめんどくさいやつで、

大量に並んだご飯が買えない。パッケージされたご飯なのかな?

自分でも何がどうでどこが苦手なのかわからないんだけど、

スーパーとかコンビニとかで選んで買うことができない。

食べない訳じゃないし、嫌いなわけではない。

これ食べてとか、これ買おうとか言われれば食べるし買うし。

自分で選んで買う。ということができないだけ。

しかも、おかずとご飯類だけ。

もちろんお菓子その他諸々のお買い物はしてこれるわけで・・・

仮に買ってきたところで(もしくは作ったところで)、

一人でお家で食べるというのがすごぉっく苦手。

昔一人暮らしした時、作るまでは楽しくて作るは作るんだけど、食べ始めるとなんかもういいやぁってなっちゃって、1/3くらいしか食べれないから、3回づつくらい同じもの食べて・・・みたいになってたし。

やっぱ誰かと食べるって大事なんだねぇ。

 

そこへきて、じゃぁなぜお一人様はできるのかって疑問にぶつかるわけだけど、

多分、誰かがいるから。

知らない人でも、違うもの食べてても、一緒に食べてるわけじゃなくても、仮にそのお店に自分以外のお客さんがいなくても店員さんはいるんだしね。

「誰か」が作ってくれる。

「誰か」が食べる時間の中にいる。

そこなのかな。

おうちにとか、一人でいると完璧にその時間は「個」だもんね。

でもね、例えば美味しいパンを買ってお外で食べるとか、

誰かが作ってくれたお弁当をお外で食べるとか、「お外」はありなんだよなぁ。

 

まだまだ、自分のことなのに謎は深いし相当なこじらせかたしてるなぁ・・・

 

今度こそカルボナーラ。

f:id:golosa:20171227094018j:plain

はいドン!

・・・って3回目のこの写真。

カルボナーラが・・・とか言いながらつい蓮根のことを書いてましたが(だって本当に美味しくてすごいからつい。私が悪いんじゃない。美味しすぎる蓮根さんが悪い!!!)、今度こそカルボナーラ

 

もともとカルボナーラは大好きで、時々作ってた。

ベーコンで作ったりももちろんするけど、本当に美味しいのが食べたくなったら、何日か前から、豚バラ肉の塩漬け(一夜干し的なやつ)から作る。

今回、引っ越しの時に実家の冷凍庫に隠し持っていた豚バラ肉の塩漬けを持ってきていたから、いつか作ろうと思ってたんだけど・・・

 

最近テレビ離れが著しい私が、たまたまテレビをつけていたとある朝、最強のたまごかけご飯とやらをやってた。

白身をメレンゲにしてホカホカご飯にのせて、黄身をトップにオン!

・・・食べたい。これ食べたい。

たまごかけご飯、好きなんだけど、あの卵の生の白身の、ドゥルンッて感じがどうも苦手で・・・

でもこれならドゥルンッてしないんでしょ??

食べたい!絶対に食べたい!!!

やるしかないよね。

f:id:golosa:20171229074544j:plain

で、やってみた。

冷蔵庫に山わさびもあって、私の大好物だから、すりすりしてのせてみた。

そんでもってまたまたオリーブオイルと塩コショウ。

あんたも好きね~。

そしてお醬油。

見た目から高まる~!!!もうね、口に運ぶのは鼻歌まじり。

ふご!!!なにこれ!!!

ふわとろくしゅっ!!!

最高ですわ~。

で、食べててふと思ったのです。

これがカルボナーラも最高なんじゃね????

やだマイやっぱ天才。ゴニョゴニョ。

 

と、いうのがきっかけ。

冷蔵庫にはちょうど良く温泉卵も残ってる。

パルミジャーノとペコリーノもある。

秘蔵っ子の塩漬け豚バラ肉もある。

まさにこのタイミングでしょう。

やるしかないでしょう。

塩漬け豚バラ肉解凍して、

切って水に浸けて塩抜きして(しないととんでもなくしょっぱいからね)、

にんにく潰してオイルで香りだしして塩抜きした塩漬け豚バラ肉ジワジワゆっくり炒めて、

ボウルに温泉卵割ってといて、

チーズ削ってまぜまぜして、

オイルと炒めた塩漬け豚バラ肉いれて、

卵割って白身と黄身わけて

白身でメレンゲ作って、

温泉卵のボウルに茹で上がったパスタ入れてまぜまぜして、

ホワッホワのメレンゲのせて、

黄身をトップにON!!!!

仕上げはやっぱりオリーブオイルと塩コショウ。

またかよ。って言われようともやっぱりオリーブオイルと塩コショウ。

f:id:golosa:20171227094018j:plain

そして4回目のこの写真。

食べる前にかき混ぜて・・・

めさうま!!!

ふわとろくしゅっ!再び!!!

優しい口当たりになってこれはたまらん!!!

やだほんとマイ天才・・・

 

これからはこれで行こう。

そう心に決めて、さっそく豚バラ肉買ってきて塩漬けにして、

今はお外に干しています。

誰かに食べられないうちに取り込もう。

昨日の夜うちの表からニャンコさんが出てきたからな。

ニャンコさんにはあげられない。

美味しいカルボナーラのために。

ごめんねニャンコさん。

 

切ない恋かよっ。

蓮根さんのことを書こうと思っていたら、蓮根さんの写真がないっていう・・・

 

そして昨日上げた写真のカルボナーラのこがと書きたくなるっていう・・・

f:id:golosa:20171227094018j:plain

蓮根さんもチョッピリ写ってるね。

すごいんですよ。蓮根さんも。

岩手県産蓮根、なぜないのかなと思ったりしてたのね。

お盆には仏さんのご飯盛ったりするから使うし、田んぼの中とかに蓮の畑?みたいのあったりするし。あれはお花見るようなのかなぁ。そのへんはいまだに私には分からないんだけど。

去年知り合いのSNSで初めて見た、岩手県産でかつ無農薬栽培だっていう完熟蓮根さん。去年は気になっただけで終わってしまったけど、今年はご縁があって私のもとにもやってきてくれました。

今まで知らなかった、自分が食べてきた蓮根のこと。

そうか。完熟になる前に止まってたのか。

そして、完熟蓮根さんはこんなにも美味しいのか。

そして、岩手で蓮根を作るというのは、とてもすごいことなんだね。

蓮根ができる時期は12月とかから。

そしてその頃の岩手は極寒。

極寒の中で掘るなど、まさに身も凍るような作業。

さすがにこちらの蓮根さんも1月2月はお休みなんだって。掘ると凍ることもあるから。

(土の中は凍らないけど掘り上げて置いたら凍るらしい。)

すごいよね。その環境で蓮根さんを作ろうって思うこと。やっちゃえること。

料理に携わる仕事をしていて、今までも感じてはいたけど、ここ最近ますます強くなってきた気持ち。

農家さんとか酪農家さんとか漁師さんとか

野菜を、お肉や牛乳を、お魚を、チーズやバターを、はちみつを・・・

数えればきりがないほどに、

料理になるその素材を作ったりとったりしている人達って

ほんっとにすごい。

尊敬しかありません。

なのでね、

これからもっともっともっともっと、そんな方たちにたくさん出会って繋がっていけたらいいなって、今までよりも強く強く想うようになりました。

 

でね、話はそれたけど、この蓮根さんはほんとにすごい。

焼いてオリーブオイルと塩コショウ(またかよ。)

それだけで・・・甘くてシャキッとしててびっくり。

煮込みにいれても甘くてホクホク。

炒めてもよし。とにかくうまい。

蓮根餅も美味しいんだろうなぁ。

今まで食べてた蓮根さんが味気なく感じてしまう。

(あとで。2か月は買えないし、時期も限られてるのに・・・この味を知ってしまうなんて・・・)

 

美味しいものを知るのってとっても嬉しいけど、悲しくもあるよね。

だって・・・美味しい物には時期があって(特にもお野菜とか)

それ以外の時期は食べれなくって・・・

でもだからこそ恋しくて・・・

ほんと、せつない片思いみたい。

せつない恋だよね。期間限定。

会いたいのに会えない。

電話もできない。

声が聴きたい。会いたい。

でもあなたが来るのを待ってる・・・

みたいな。

 

はぁ。わたしってケナゲな女。

 

あれ?結局蓮根さんのことガッツリ書いてた。

 

カルボナーラは・・・次回。だな。